目指す事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目指す事業は「信楽コーディネータ」

デイリーライフ信楽が目指す「信楽コーディネータ」とは、売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできる「三方よし」の精神で市場を創出することです。

~信楽コーディネータ~

1)情報の収集

市場がどんな商品を欲しているのか、情報を収集します。

モノによっては、市場がまだ気づいていない需要があるかもしれません。

そのためには色々な立場の人からお話を聞く必要があります。

 

2)市場の創出STEP1

目的に適した情報を引きだし、企画を生み出します。

メーカー(窯元)は企画に基づいてサンプルを作成します。

 

3)市場の創出STEP2

デイリーライフ信楽が企画した製品を展示します。

市場を生み出すには、世界の人たちに製品の素晴らしさを知ってもらうことが一番です。

そのツールとして展示会への出展は効果的です。

 

4)商品の販売

市場を創出した後は、商品を販売します。

 

デイリーライフ信楽の三方よし経営

「売り手よし」

メーカー(窯元)はその高い技術を活かして、市場に必要とされる商品を提供することができます。

「買い手よし」

魅力的な商品を手に入れることで、豊かな生活を得ることができます。

「世間よし」

信楽の良さを広く世間に知っていただくことで、信楽地域の活性化を図ります。

 

~業務の流れと知的資産の関係~

業務の流れと知的資産の関係

ページ上部へ戻る